パスタの種類

パスタは良質なタンパク質が多くふくまれているデュラムセモリナという小麦粉から作られます。パスタはさまざまな形状や大きさのものがつくられていて、本場イタリアでは500種類以上ものパスタがあるそうです。ここでは日本で手に入りやすいパスタをご紹介します。

カッペリーニ

カッペリーニ
  • 直径1.2mm位
  • 「天使の髪の毛」といわれる細いロングパスタ。
  • 冷製やスープパスタに最適。

フィデリーニ

フィデリーニ
  • 直径1.2~1.4mm位
  • スパゲッティーニよりも一段細め。
  • オイル系やトマト系の軽めのソースによく合います。

スパゲッティーニ

スパゲッティーニ
  • 直径1.6mm位
  • 細めのパスタ。
  • オリーブオイルを使ったシンプルなソースによく合います。

スパゲッティ

スパゲッティ
  • 直径1.4~1.7mm位
  • 日本では一番おなじみのパスタ。
  • どんなソース、素材にも合わせやすいのが特長。

リングイネ

リングイネ
  • 直径1.9mm位
  • スパゲティより太い。
  • 弾力があり、モチモチとした触感が楽しめるパスタ。
  • ソースの絡みがよいので魚介類のソースともよく合います。

フェットチーネ(金のパスタ)

フェットチーネ
  • 平形、幅5mm~8mm位
  • 平らで幅広いパスタ。
  • 濃厚なクリームソースによく合います。

ブカティーニ

ブカティーニ
  • 直径5~6mm位
  • ローマの伝統的なパスタ。
  • 「小さな穴のあいた」ロングパスタ。
  • 濃いソースに負けない歯ごたえが特長のアマトリチャーナ等のこってりとしたソースにもよく絡みます。