プロが伝授!パスタのコツ パスタをおいしく 「パスタの調理の基本」

パスタをよりおいしくするための調理の基本です。
基本をマスターして、是非自分ならではの
調理法を工夫してみてください。

ロングパスタの調理の基本 調理例:オイルベースのぺペロンチーノ

まずはロングパスタの調理の基本です。
オイルベースのぺペロンチーノを調理例に見ていきましょう!

材料は2人分

スパゲッティ 1.5mm
200g
オリーブオイル
大さじ4
にんにく(みじん切り)
2片
赤唐辛子(輪切り)
2本分
イタリアンパセリのみじん切り
適量

※野菜はお好みで入れてください。

にんにくのみじん切り

Process1にんにくのみじん切り
にんにくは根元を切り落とし、縦半分に切ってからしんを取ります。

みじん切りの完成形

Process2みじん切りの完成形
根元を切り離さないようにして、縦に1~2mm幅に切れ目を入れ、更に横からも水平に1~2mm幅に切れ目を入れて端から刻み、みじん切りにします。

赤唐辛子の輪切り

Process3赤唐辛子の輪切り
乾燥している赤唐辛子は、水に数分つけて戻しておくと、割れずに輪切りができるよ。
また、すぐに焦げるのを軽減できるんだ。

赤唐辛子の輪切り完成形

Process4赤唐辛子の輪切り完成形
ヘタを切り落とし、竹串などでタネを取り除いて輪切りにしてね。これで下ごしらえはOK!

パスタ鍋の湯を沸かす

Process5パスタ鍋の湯を沸かす
パスタ鍋の、湯を沸かします。

フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかける

Process1フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかける
続いてフライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけます。

にんにくがオイルに浸るようにフライパンを傾ける

Process1にんにくがオイルに浸るようにフライパンを傾ける
この時、にんにくがオイルに浸るようにフライパンを傾けます。また焦げないように弱火に調整します。

沸騰して香りが立ってきて、少し色づいたら一度火を止める

Process8沸騰して香りが立ってきて、少し色づいたら一度火を止める

沸騰して香りが立ってきて、にんにくが少し色づいたら一度火を止めます。
火を止めても、余熱でも火が入るので、にんにくが焦げないように注意してね。

にんにくが焦げないように注意

ココに注意

もし、にんにくに焦げ目が出てしまったら、すばやくゆで汁をお玉半量位加えて色止めをしてください。

パスタ鍋に塩を加える

Process9パスタ鍋に塩を加える

湯が沸いたら塩を加えます。
水3リットルの場合、大さじ2杯です。

パスタ投入、ゆっくり沈める

Process10パスタ投入、ゆっくり沈める

そして中火に調整してからスパゲッティを入れゆっくりかき回して、ゆではじめます。

パスタ投入、ゆっくり沈める

Process11パスタ投入、ゆっくり沈める

ゆではじめたら、再びフライパンに火をかけ、赤唐辛子を加えます。

ちょうど良いキツネ色のにんにく

Process12ちょうど良いキツネ色のにんにく

そしてにんにくの色がほどよいキツネ色になったらいったん火を止め、お玉1杯のゆで汁を加えて色止めをします。
後はパスタと和える30秒ほど前に火を着けます。

パスタを表示時間よりも1分前にあげる

Process13パスタを表示時間よりも1分前にあげる

一方パスタは、表示時間の1分前になったら水気をよく切って、温めていたフライパンに加えます。

フライパンに加え、煮詰める

Process14フライパンに加え、煮詰める

フライパンを揺すりながらトングで大きくかき混ぜます。

更にゆで汁をお玉1杯分を加えて30秒~1分程煮詰めます。

後はトングでぐるぐる混ぜてちょうど良い濃さのソースに仕上げます。

フライパンを傾けてソースがとろりと乳化した状態

フライパンを傾けてソースがとろりと乳化した状態

フライパンを傾けると、ソースがとろりと乳化しているのがわかるかな。これが、ソースがおいしくできた状態なんだよ。

Process15皿に盛り付ける ~ ぺペロンチーノ完成

皿に盛り、イタリアンパセリのみじん切りを散らして、
ぺペロンチーノの完成です!お好みで野菜も加えてね。

皿に盛り付ける ~ ぺペロンチーノ完成

ロングパスタ - 調理の ポイント!

時間を合わせる

パスタのゆであがりと、ソースのできあがりが同時になるように
時間を合わせましょう!
30秒間ソースと和えるなら、加熱表示時間の30秒前にパスタを取り上げ、フライパンに移します。

フライパンは、 パスタを入れる30秒前には 加熱しといてね!

乳化させる

オイルだけで炒めるとベタベタの仕上がりになってしまいます。
だから、ゆで汁を加えオイルと乳化させて“ソース”にすることで、パスタとよくからみ、なめらかな口当たりになります。
トマトや生クリームは元々水分があるので、ゆで汁は加えなくて大丈夫です。
ただし、煮詰めすぎてしまった場合はゆで汁を加えて調整してください。

ぐるぐるとよくかき混ぜて、乳化させてね。